個人図書館にする

季節変わりの衣類や、思い出の品を預けることに利用されることが多いトランクルームですが、近年では、その使用方法に大きな変化がみられるようになってきています。
趣味の作品の保管庫としてや、収集品を保存するためだけでなく、トランクルームをまるまる本棚にしてしまおうという人たちが、ここ最近随分と増えているようです。

理由としては、「家に置くと床が抜けそうだから」という人が多く、その蔵書量は小さな図書館が作れてしまうのではないかというほど、という人もいるようです。
一般的な小説や全集といった本だけでなく、コミックなどを収納している人も多く、中でもコミックは、連載が長く続いているものであれば一種類だけでも百冊単位になるケースも少なくないことから、そうしたスペースを活用しようという考えを持つ人が増えているのだそうです。

部屋の中に置くには限りがあり、かといって捨てるなどもっての外なのですから、トランクルームに収納しようという考えになるのはもっともでしょう。
蔵書の多いあなたも、活用を考えてみてはいかがでしょうか。