心の整理のため

ある日突然、家族や親類が亡くなるという事態に遭遇すると、人はしばらくの間、その人たちについての心の整理に追われます。
その死をどう受け止めるか、思い出をどういう形で心にしまうのかを決めるまでにかかる時間は人それぞれで、中には随分と長い時間がかかる人もいることでしょう。

ですが、現実問題として、亡くなった人が借りていた部屋や、長く住んでいた場所を整理してしまわなければならない期限というのはくるものです。
そうした期限を先延ばしにする方法のひとつとして、トランクルームを借りるという手があります。

部屋や家そのものは、然るべき処分をしなければなりませんが、心の整理がつくまでは遺品をトランクルームに保管し、向き合える気持ちになってからそれらに手をつけるというのもひとつの方法ではないでしょうか。

大切な人であればあるほど、遺品整理は辛いものです。
ですから、そうしたスペースを活用し、できるだけ心の負担を軽くする方法を取ることが大切なのではないでしょうか。